本文へ移動
愛媛県木材協会は、愛媛県からの委託を受け、「地域材利用木造住宅利子補給制度」の現地住宅確認検査を実施しています。
 
当会はJAS認定制度の登録認定機関です。JAS製材品の検査を通して、優良な製材品の普及に努めています。

活動報告

愛媛県の令和2年度8月補正予算の事業の進捗状況について
2020-10-12
NEW
県産材需要拡大対策事業の概要
令和2年10月12日 
一般社団法人愛媛県木材協会
会員各位
愛媛県木材協会
 専務理事 三好誠治 
 
各位には日頃から当協会の運営にご支援とご協力をいただいておりますことを厚くお礼申し上げます。
さて、新型コロナ感染症の影響による木材需要の減退や価格低迷などの危機的な状況に対して、愛媛県は、緊急に8月補正予算を編成され、林業・木材産業を支援していただいています。
補正予算の内容は、先にお知らせしましたとおり、
①県産ヒノキの家づくり支援事業(窓口:愛媛県林材業振興会議)
県産ヒノキ材を使用する木造住宅の建設を支援 補助対象100棟
②県産材建築物建設支援事業(窓口:愛媛県木材協会)
戸建て住宅以外の民間施設の木造化、内装及び外装の木質化、設計支援など
③県産材販路確保支援事業(窓口:愛媛県木材協会)
全国的に流通が混乱する中で、県産材の四国外への販路の確保を支援
 
の3つの事業です。
 
 10月12日現在で①と②の事業は、事業への応募申請が、予算枠をオーバーしました。このため、この2つの事業は受付を終了しましたことをお知らせします。
また③の事業は、9月29日に事業内容を説明した後、15社が参加することになり、来年2月頃までの計画で現在、事業を行っております。
 
各位のご協力により、県の補正予算が有効に活用され、県産材の地場需要の掘り起こしとともに四国外での販路の確保が行われておりますことをお知らせし、お礼申し上げます。
 
新型コロナ感染症の影響はさらに継続すると思われますが、木材協会としましては国や県の支援事業を活用し、関係団体とも協力して、この困難な状況の克服に向けて取り組む所存ですので、今後ともよろしくお願いします。
一般社団法人愛媛県木材協会
〒790-0003
愛媛県松山市三番町4丁目4-1
愛媛県林業会館3階

TEL.089-948-8973
FAX.089-948-8974
TOPへ戻る