本文へ移動

協会のご案内

ごあいさつ

会長 菊池 正
一般社団法人  愛媛県木材協会

会長  菊池 正
 
一般社団法人愛媛県木材協会の皆様には、日頃から当協会の業務の推進にご理解とご協力をいただいておりますことを厚くお礼申し上げます。
今年は東京オリンピックが開催され、2025年には大阪万博が計画されていることなどから、国内経済は活気づいてくるかなと期待しておりましたが、1月に中国で発生した新型コロナウイルス感染症は瞬く間に全世界に拡大し、国内でも緊急事態宣言がなされるなど、一転してこれからの見通しがたたない状況になりました。世界的に人・物の動きが制約され、経済的な打撃も深刻な広がりを見せており、政府等から支援策も発表されていますが、今後、住宅・建築業の不振などが予測され、林業・木材産業にも影響が出てくるものと危惧しております。
会員各位におかれましては、感染防止はもとより、経営のダメージ回避に努めていただきますとともに、協会としましても、関係機関と連携して、各位の対応を支援してまいりたいと考えております。
さて、最近よく、「SDGs」という言葉を耳にしますが、これは、2015年に国連が採択した「持続可能な開発目標」を示しており、環境への貢献だけでなく、社会や企業活動の規範としても定着しつつあり、将来に向けての大きな流れになろうとしています。このような流れの中で、最近の地球規模での異常気象の多発も後押しして、持続可能な循環型資源としての木材、地域型資源としての国産材の価値が再評価につながってきたようです。
具体的な取り組みとして、昨年の建築基準法の改正などに代表されるように、非住宅の中大規模建築や都市建築の木造化、木質化への指向が明確に示されるようになりました。この意識の高まりを着実な需要につなげるため、木材協会としては、愛媛ブランド材「媛ひのき」「媛すぎ」、そしてJAS材を核とし、集成材や新素材のCLTを加えて、品質が高く、信頼性のある多様な製品の供給を目指しますとともに、県や関係団体と連携し、昨年度発表した「媛トラス」やCLTなどによる木造化の提案を積極的に働きかけていきたいと計画しております。
県産材製品の安定供給を進め、木材需要を拡大することは、木材産業や建築・流通業の振興とともに県内の森林資源の整備に寄与し、林業を成長産業へ育成することになり、地域経済の活性化に大きく貢献すると考えております。
新型コロナウイルスの感染拡大により、林業・木材産業を取り巻く状況も大きな影響を受けることになるでしょうが、愛媛県木材協会は会員の皆様のご協力を仰ぎ、関係機関とも連携して、時代が要請する木材製品を供給し、木材利用を図ることで、この困難な状況を克服してまいりたいと考えております。
令和2年5月

協会概要

法人名
一般社団法人愛媛県木材協会
所在地
〒790-0003 愛媛県松山市三番町4丁目4-1 愛媛県林業会館3階
電話番号
089-948-8973
FAX番号
089-948-8974
e-mail
ehimewic@bronze.ocn.ne.jp
代表者
会長:菊池 正
設立年月日
昭和49年11月13日
会員数
139法人(令和2年6月現在)
業務内容
(1)木材業、製材業の振興に関する事業
(2)木材業、製材業の構造の改善のための意見・情報の収集・調整
(3)木材業、製材業の健全な発展のための要望意見の公表・具申
(4)木材業、製材業並びに関連産業の動向に関する調査研究・発表
(5)木材業、製材業に関する技術の向上、作業安全等、知識の普及
(6)福利厚生
(7)関係法令に関する知識の普及
(8)全各号の事業を達成するために必要な事項

お問い合わせフォームへのリンク

一般社団法人愛媛県木材協会
〒790-0003
愛媛県松山市三番町4丁目4-1
愛媛県林業会館3階

TEL.089-948-8973
FAX.089-948-8974
TOPへ戻る